先日の健康麻雀について

いや~、参りました。なにがって月に4回やってる健康麻雀ですよ。

先日は、ほんとの素人のおば様たちばっかりでした。くじで引いた卓は僕以外すべて僕よりお年を召したご婦人ばかり。しかも麻雀をつい最近覚えたばかりの方たちばかりでした。もう想像がつくでしょう。僕がいかに大変であったか。

まずルールが分からない。フリテンでリーチをするのはアリアリルールなのでOKなんですが、役もなく、リーチもせずにロンをしてしまいそうなんで、慌ててそれはできません伏せてくださいという。普通賭けマージャンでは許されませんね。

それより困ったのが、ツモって来てから考える。本人も長考してることを悪いとは思っているので、「ごめんね。え、え、え、え、どうしよ。ちょっと待ってね。ん?ごめんね。ちっと待ってね。それを3回も言ってました。

そうかと思うと、親が枚数を気にしているので「チョンチョンをして14枚になっていますか?」と聞くと隣の人が「ああ、あたし13枚しかない!」というので「あなたは13枚でいいのです」と僕。

「ああ、ツモる場所がそこではありません。だれかこちらの山から取っていませんか?というのもあったり、「どなたがおやですか?」という人には「あなたです」と僕が教えてあげたり・・・

こちらが親でリーチをしても全く気にせず危険牌を捨ててきます。筋なんてはなっから読んでいません。自分の手の中しか見ていないのです。スゴイ!この図々しさ。恐怖ってものを知らないのです。恐るべしおばちゃんパワーです。

いつも僕はトップか二着で終わるのですが、その日は最下位に甘んじてしまいました。その会の会長さんが最後にいらっしゃって、「稲太郎さんが最下位とは珍しいですねえ」というと、「いつもとメンバーが違っちゃって可哀そうでしたもんねえ」とお三方に同情されました。トホホ。

『先日の健康麻雀について』へのコメント

  1. 名前:遊び人の衆さん 投稿日:2022/04/24(日) 05:00:08 ID:889efedba 返信

    次にやる賭け麻雀でカモにするためにわざと負けたな?これも営業か。

  2. 名前:稲太郎 投稿日:2022/04/24(日) 12:53:14 ID:af662a63b 返信

    そうや、それや。次に勝つために負けてやったんや。そういうことにしておこう。わしは麻雀を覚えたてのとき、お前は後ろで見てろと言われ、上司が接待麻雀で、四暗刻の牌をツモ切りしたのを見た!それ以来、営業マンはそうでなくてはいけないと思った。勝ちにアクセクしてるような小人では務まらんぞ。

PAGE TOP