ついに1ドル151円?

いやあ、ついにここまで来たか円安!と思ってその点滅してる数字を見たら、エネオスのガソリン1リットルの値段でした。でも、この151円も超す日は近いでしょうね。日本中の多くの投資家が【早くやってくれよ、ドル売りを】って思っているんですけど、それを希望するのは2種類あって、一つのグループは、もっとまともな円相場(円高)を望んでいる人。もう一つのグループは、政府日銀の大幅な為替介入によって円高(例えば前回の5円程度の円高)に振れた時点で再びドルを買って儲けようとしてる輩(笑)。絶対に円安は続くと確信してるんですな。

投資家ってのはまさに虎視眈々て言葉が相応しい。一分一秒の世界なんです。僕は30年以上も前にそれをやってて少なからぬ損を出しました。それで、その場限りのハラハラドキドキに嫌気が差して、相場からは離れたんです。ゴルフ場で青くなったこともありましたね。なんにも楽しめないじゃないですか。大金持ちは別だけど。

昨日のことと言い、今日の話と言い、ロクな過去じゃありません。

今日は美しい心の洗われる曲を掛けたくなりました。森山良子の「この広い野原いっぱい」と「サトウキビ畑」を。

森山良子 この広い野原いっぱい
この広い野原いっぱい -森山良子-
森山良子「さとうきび畑」(from 『Concert Tour2007-2008』)
「さとうきび畑」-森山良子-

なぜか最近「この広い野原いっぱい」が口をついて出てくるのです。しかし替え歌になってる。♪この広い野原おっぱい♪ 眼に映る景色はおっぱいがいっぱい出てる丘であります。全然心が洗われていない(笑)。

『ついに1ドル151円?』へのコメント

  1. 名前:遊び人の衆さん 投稿日:2022/10/22(土) 23:03:52 ID:7f5f797e6 返信

    やはり稲太郎は妄想の中でどスケベを解放しているのだな。

PAGE TOP