しんどい日々

しんどい一週間でありました。

ビルの一室が空いてしまいました。先日、退去される方がそのご挨拶に見え中村屋のお菓子を頂きました。虚しく食べました。これまでの計画がほとんど叶わない事態に・・・。

一方、市原の入居人さんには出て行っていただくことになっていますが、そのあと自分で計画していたこともかなり縮小を余儀なくされる模様です。好きな将棋や健康麻雀を無料で開放したいなんてことを思っていたんですけどね。内装だけでも800万円を見込んでいたんだけど、とんでもない。せいぜい天井にエアコンを二つ付け、全自動の麻雀卓を二つ買って看板らしきものをつけて200万円てところまでが限度でしょう。

今年の9月開業を予定しています。そうなると、稲毛で楽しくという話も諦めて、僕の居場所は市原が中心になります。せっかく作った名刺も無駄に終わったようです。

お客さんというのも変ですが、もし来店者が来なくたって自分の家で寝てるようなもんです。お金も電気と水道代くらいしか掛からないので、自由にものを書いています。妄想しています。

妄想その1

空いた部屋に「明日の夕刊」という会社名を作って入れよう。どんな仕事をするかって。それが投資会社なんだ。「あしたの朝刊」て言葉はよく聞くだろ。今日あった出来事が明日の朝刊に載る。でもあしたの「夕刊」てのはないよね。そこんとこがミソ。その社長、実は私、が明日の夕刊をその前日の朝に神のお告げで見ることができるんだ。明日の朝刊では遅い。明日の夕方だからこそ価値がある。明日の午前中(未来)に起こった出来事が既に分かってしまうのだから。その夕刊の株価を見て買いつけたり売ったりする。ぼろ儲けだね。うっしっし。でも、人助けもできそう。

妄想はどんどん広がってゆきます。当然困ったことも起こり得るわけですよ。うわさが広まり査察も入る。それを「妄想2」としたかったんだけど、やめました。貧乏人のたわごとでございます。ああ、金が欲しい。

でも、市原は無料を貫きますよ。それは腹をくくりました。

さて、今日の曲です。これはちょっとジャズというか、フュージョンというか、当時チックコリアと並んで世界を魅了しましたねえ。僕も大好きな曲です。

ブラック・マーケットという曲がヒットしました。(好事家にのみだけど(笑))ブラックマーケットというのは「奴隷市場」という意味です。その割にはジャケットがとっても明るいですね。演奏しているのはウェザーリポート(天気予報)というバンド。とってもリズム感があって、メロディーもよろしい。

Weather Report ► Black Market ◄
Black Market -Weather Report-

『しんどい日々』へのコメント

  1. 名前:遊び人の衆さん 投稿日:2023/03/30(木) 23:49:04 ID:db2896cc6 返信

    妄想は所詮妄想よ。重度認知症(実は脳梅毒)の稲太郎はすでに現実と妄想の区別がつかなくなってはいるがな。名刺は名実ともに詐欺用のものになったな。予定通りだろうか。

  2. 名前:稲太郎 投稿日:2023/04/03(月) 10:48:15 ID:476ee4ec2 返信

    「希望」なんてもんを持ったら生きていけん。「妄想」こそが
    真の救いよ。あほんだら。

PAGE TOP