こんな曲が流行りました

昔は良かった、昔は・・・

そんなことをいう歳になりましたか。

いい曲を聞くと、その時その時のことを思い出します。音と匂いって言葉よりもずっと感覚的なんで心に深く刻まれているんです。

ヤエル・ナイムという名前はなんとなくユダヤ系の人間のような気がします。やっぱりそうでした。フランス生まれのイスラエルの人らしい。2008年にアップルのノートパソコンのコマーシャルソングで日本でもヒットしましたね。でもそんなのなくたっていいって思ってましたよ。シンガーソングライターってやっぱり自分を持ってるなって思います。

彼女からインスパイアされるものは新しい感性。それもとってもスピリチュアルなものです。環境とかもある。まさにNew soulですね。

Yael Naim – New Soul (Official Video)
Yael Naim – New Soul
最後から二番目の恋 挿入歌 『Go to the River』
Yael Naim – Go to the River

『こんな曲が流行りました』へのコメント

  1. 名前:遊び人の衆さん 投稿日:2022/07/16(土) 23:52:42 ID:b42c175b3 返信

    私は叔父が声楽家(テノール)で従妹が東フィルのハープ奏者だが、まったくといっていいほど音楽には興味がない。どちらかというとトラウマみたいなものだろう。だから稲太郎の主張には同調しかねる。

PAGE TOP