やっぱ、ピンク・フロイドでしょ

すごいなあ、ピンクフロイドって。「原子心母」も「おせっかい」もいいけど、このクレイジーダイアモンドもすごいっすよ。4分台(特に4分20秒から40秒辺り)のあのギターのうねり。もう、これでもかこれでもかって押し寄せてくる音の波。魂の奥の奥までが揺さぶられます。自分が二十代の頃は、ピンクフロイドの中心人物はロジャーウォータースだと思っていたんだけど、このギターを聴いて、やっぱりピンクはデビット・ギルモアなんだと確信した記憶が40代にありました。

こんなすごいアーチストは今後出てこないんじゃないか、自分は最もいい時に最もいい音楽と出会えてんじゃないか。そう信じてやみません。

僕が自分を褒めてあげたいのは、この「感性」なんです。いいものを分かるという事です。頭がいいとか悪いとかなんてどうでもいい。(事実僕は勉強はできませんでした)。でもね、そんなことより、良いものが【わかる】。それこそが価値なんです。学年で一番の成績を自負します。いいものがわかるとは美味しいものの味が分かるのと一緒でしょ。それだけ人生を楽しめるということなんです。感動を持てる。

Shine On You Crazy Diamond (Parts Vi-Ix)
Shine On You Crazy Diamond -Pink Floyd-

『やっぱ、ピンク・フロイドでしょ』へのコメント

  1. 名前:遊び人の衆さん 投稿日:2022/09/30(金) 22:08:41 ID:0e5f8d78e 返信

    稲太郎は美味しい物はわからないではないか。質より量だよな。酒もわかるまい。なんならうちに来てウィスキーの聞き酒でもやってみるか?やりもしないことに篇な価値観をもつものではない。

PAGE TOP