三日続きの雨

鬱陶しい雨ですねえ。うっとうしいという漢字もうっとうしい(笑)。

さて、ウクライナ情勢の話しですが、だんだん核の脅威が現実味を帯びてきました。筑波大の中村教授はもうロシア通で有名になってしまいましたが、今朝の彼のコメントでは使用する確率は51%であると明言していました。これってスゴクないですか?広島の原爆の100倍以上の威力ですよ。死者の数がハンパない。それに地球の気候変動どころか農作物への影響、ひいては人体への影響だって十分すぎるほど懸念されます。それでもお金第一ですかねえ。もうお金より、食べ物や住むところの方が大切になる。そう思います。安全に暮らせればそれでいい、みたいな。金出すからなんとかしろって言えなくなりそうです。いざというとき頼りになるのはお金とうのがこれまでの通念だったけど、それが通用しなくなる。それが有事の特徴でしょう。

今更畑を持って耕すってことが僕にはできません。でもイザとなったらやるかもね。ここから自転車で30分も走ったところに畑町という町があります。名前の通り畑がいっぱいあるのどかな場所です。そこに小さな土地と掘立小屋を建てて自分の居場所にしようかな。半分ホンキです。(変な言い方)

『三日続きの雨』へのコメント

  1. 名前:遊び人の衆さん 投稿日:2022/10/10(月) 17:52:49 ID:60f3a70fb 返信

    ロシアが核兵器を使うことは、正気であれば戦略的にも戦術的にもありえない。
    放射能があるところに侵攻すれば自軍の兵士がやられてしまって占領どころではない。しかもウクライナは穀倉地帯であるから放射能汚染されたら世界的飢饉を招くことになる。もしプーチンがやけくそになればそんなことは度外視して戦術核を使うだろう。ロ助は信用ならん。

  2. 名前:稲太郎 投稿日:2022/10/10(月) 18:00:52 ID:125228542 返信

    ごもっともな意見をたまには言う出ないか。
    わしはいつも正常であるが。

    • 名前:遊び人の衆さん 投稿日:2022/10/11(火) 16:44:04 ID:47ea602d3 返信

      否、否、否である。稲太郎はすでに正気を失っている。

PAGE TOP