強運

アメリカから来ていた叔母が帰りました。

いやはや、とっても大変でした。いわゆるバイリンガルなんでどちらの言語も大丈夫なんですが、永らくあちらにいたもんだから日本のことにはとんと疎い。さらに追い打ちを掛けてるのが認知症のようです。本人にはその自覚はないのですが、来るたびにひどくなっています。

今回は帰国(日本からアメリカへ)の時にそれが現れました。「ちゃんとパスポートはもった?」と聞いたら、「あるわよ」と言っていたにもかかわらず成田に着いたらそれが「ない」! パスポートがないのは致命的です。それがないと荷物も預けられません。というのも、機内爆破するテロ組織はそうやって荷物に爆弾を仕掛けて自分たちは飛行機に乗らないそうなんです。だから「パスポートを見せてください」となるわけです。

今回パスポートがないことを知ったのは入場の2時間前だったそうです。今から稲毛まで戻って再び成田に間に合うだろうか冷や冷やの状態でした。

自分が代わりに戻ったら探す手間もあるので本人を連れて行かなくてはなりません。急いで引き返して取りに行くことにしました。そこでびっくりすることが起こったのです。その叔母が家に帰って見てみると、アメリカの家の玄関の鍵もその他IDカードとか、重要なものもたくさん置き忘れていました!

「ああ、良かった」。空港に間に合った彼女がそう言いました。

彼女は普通の意味で言ったかもしれない。ああ、良かったと。でも別の意味で良かったとみんなは思いました。鍵を忘れていて却って良かったのです。もしそのまま飛行機が飛び立ってしまっていたら、アメリカでは我が家に入ることも入国審査を受けることもままならなかったでしょうね。なんという強運な。

今日はずっと雨でした。ときどき強く降ったので心配です。

今夜は70年代初めだったか69年だったかに流行した盲目のシンガーソングライターであるフォセ・フェリシアーノの雨にまつわる曲を。「雨のささやき」です。

雨のささやき(レイン)/ホセ・フェリシアーノ JOSE FELICIANO – RAIN (1969年)
雨のささやき -ホセ・フェリシアーノ-

『強運』へのコメント

  1. 名前:遊び人の衆さん 投稿日:2024/05/19(日) 11:57:12 ID:5a4878d6e 返信

    重度認知症患者の稲太郎に認知症呼ばわりされる叔母さんがかわいそうだ。

  2. 名前:稲太郎 投稿日:2024/05/20(月) 08:25:31 ID:c64d39218 返信

    私は確かに認知症である。しかし【軽度】のそれである。
    痴呆症のそなたに言われる筋合いでは、なああああい!

    • 名前:遊び人の衆さん 投稿日:2024/05/21(火) 18:49:38 ID:df37ea5ea 返信

      やはり【重度】認知症であったか。再確認した。もう禁治産者にしなくてはならんな。さもないと下らんことに金をつぎ込んでしまうからな。

PAGE TOP