オシャレな言い方をする、ということ

我が家ではクイズ番組だけが親子で回答しあって盛り上がります。

さっきアメリカのある州で熱帯地方にある島はどこ?という問題が出てきました。答えは簡単だけど、簡単すぎるだけに、なにか引っ掛けがある?と疑心暗鬼になります。例えばグアムもそうだっけ?とか。

こういうとき、僕はこう言うんです。

「ハワイが正解かどうかわからない。でもハワイがこの質問に該当しないと僕は思えない。だから答えはハワイだ」と。

こういう言い方が【おしゃれ】だと思うんですよ。わかるかなあ。うちのカミさんはわからない。なんか屁理屈をこねてるとしか響いていないんですわ。

答えはやはりハワイでした。グアムはアメリカの準州。属国って言い方が良くないのかもしれない。でもグアムに【入国】するというんですね。

友達から借りている萩尾望都著「一度きりの大泉の話」を呼んでいます。1日100ページぐらいずつ、のんびりです。高校生の頃、いっとき少女漫画ばかり読んでたことがあります。この本に出てくる萩尾望都、山岸涼子、竹宮恵子、この三人の全盛期に素晴らしい作品と出会った自分は恵まれています。音楽ではビートルズをはじめ、刺激的なものが次から次へと出てきており、まさに文化のルネッサンス期でもありました。こんなエピソードがあったんだと深く考えさせられました。まだ終わってないって(笑)

『オシャレな言い方をする、ということ』へのコメント

  1. 名前:遊び人の衆さん 投稿日:2022/07/07(木) 08:07:46 ID:f721ff04d 返信

    なるほど、少女漫画に嵌まっていたのだな。それで幼女やJC、JKが好きなのだな。納得した。

  2. 名前:稲太郎 投稿日:2022/07/08(金) 08:11:56 ID:063bd4bef 返信

    あの三人のストーリーは純文学の範疇に入る。幼女?JC、JK?そんなもんと関係あるもんか。それにわしは男色の毛はまったくねえからな。おお、キモイ。

  3. 名前:遊び人の衆さん 投稿日:2022/07/16(土) 22:56:26 ID:b42c175b3 返信

    否定するのはますます怪しい。肯定しているのとおなじだな。その方がよほどキモい❗

PAGE TOP