認知症のカード

認知症のカードを作って持ち歩く案が千葉市で浮上しています。僕もそれには賛成です。

下の画像がそれで、ちょうど名刺大のサイズ。裏には僕の姓名、住所、電話番号、血液型などを書いておき、迷子になった時にそれを見せて、「すみませんが、うちに帰れなくなってしまいました、こちらへ電話してもらえないでしょうか」とお願いするのです。そういう言葉すらいえない場合でも、このカードを見ればOKでしょうね。

何回か前に貰ったカードで、その文面やイラストがたくさんあった中で、僕はこれが気に入ったので、持ち歩いています。でも、今はまだ使ったことはありません。まだたぶん大丈夫でしょう。

認知症カード

でも、認知症の進行は早いので用心に越したことはありません。健康麻雀でいつも負けるようになったらこれは危ない。今日は半荘5回中2回もトップがあったのでまだ大丈夫、かな?

『認知症のカード』へのコメント

  1. 名前:遊び人の衆さん 投稿日:2022/09/01(木) 17:48:30 ID:d658f5608 返信

    ケースに入れて首から下げて歩くことを勧めます。とくに最近は妄想が激しくなっているから用心にこしたことはない。

PAGE TOP