麻雀の点数改正を図るべき

麻雀の点数計算をもっと簡素化すれば始める人がずっと増えると思いますね。例えば、1翻(イーハン)が子供なら二千点、親なら三千点と決めてしまう。チートイは譜計算は関係なく2ハンでよいし、3色も2ハンで良い。多くの人を悩ますピン、ツモ、ドラ2は現行のルールでは20譜です。4ハンあるにも関わらず満願にはなりません。そこでみんな頭がこんがらがってきます。かなり誤解を産んでいます。(子どもなら20×4×2×2×2×2×2×2=5120点。すなわちピンハネして親から2600、子供2人からは1300づつを貰い、5200点ということになります)。でも、この新ルールなら簡単。譜という概念がないから単純に2000を4翻(ハン)だから4倍して8000点の収入(満願)としたらいいんです。親ならこの半分、4000点の支払い、子なら2000点ずつをツモった人に支払います。満願(4ハン)は8000点ですが、5ハンでも満願以上貰えるように改正しますね。それは2000×5だから10000点です。親はとにかく全体の半分の支払いで、ツモッたときは子供の1.5倍の収入ですわ。但し役満だけは満願の4倍と決めておけば、今のレートと同じになりますね。

そうそう言い忘れました。鳴いた場合はどうするか。それは面前の半分ということで如何でしょうか。

今の麻雀ルールは日本だけのルールだそうです。これを世界統一ルールにしてやれば、世界でも麻雀の競技人口がかなり増えることは火を見るより明らかでしょう。また、オリンピック競技に採用されるかも。(本気でそう思っています)

とにかく時代に合わせたルール作りはとっても大切なのです。将棋だって、チェスだってルールはかなり変化してきたんですよ。日本の伝統は重んじるけど、この面白いゲームを世界に広めたいではないですか。

『麻雀の点数改正を図るべき』へのコメント

  1. 名前:遊び人の衆さん 投稿日:2022/09/11(日) 09:13:07 ID:01f05b7d0 返信

    麻雀にも世界統一ルールだ?ここにも統一教会が入り込むのか。さすが信徒だけのことはある、抜け目ないな。でも稲太郎は創価学会じゃなかったっけ?

PAGE TOP