コロナで保険金が下りる

コロナであれば、入院していなくても出るらしいのですね。以前は若い人も出ていたらしいのですが、あまりにその数が多くて保険屋さんもやってられないというので最近では65歳以上の人とか重大な疾患(基礎疾患)を抱えている人、そして入院した人にはもちろん出ます。僕は65歳を過ぎているのでそれに該当するようです。家内も出ることがわかりました。

その書類なんですが、ハーシスという千葉市から送られてきたメールのコピーを取るのです。これが証明書となる。それがなかなか難しかったです。四苦八苦しながらそれをようやくプリントアウトすることができました。

でもね、なんか釈然としないのですよ。そりゃあ、出てよかったとは思いますよ。しかし、その額といえば、僕が一年間に納めている保険料よりも少ない(!)のです。なんか意味ないよね、これってと思っちゃいました。生きていれば99歳まで払い続けることもできるそうだけど、そんなの要らないでしょう。その99歳まで払い込むお金の累計がが200数十万円だとしてもそれを貯金しいたほうがいいような気がします。積み立てニーサでもやってた方が利殖にもなります。それにそんな長生きなんかしたくないしね。

『コロナで保険金が下りる』へのコメント

  1. 名前:遊び人の衆さん 投稿日:2022/12/05(月) 23:04:33 ID:70c06caeb 返信

    以前から言っているように嘘をつくのはやめなさい。人一倍長生きして変態の限りを尽くしたいのではなかったかな。嘘つきは○○○の始まりだぜ。もうなりきってしまったか。

PAGE TOP