世の中の多くの人が知らないこと

昨日も今朝も地震がありました。

すぐに止まったんですけど不気味ですねえ。北陸地震が1月1日にあったばかりで、僕はその寄付金も何度か差し出してもいますが、いつ自分が逆の立場になるかわかりません。

ところで、地震保険に入ってる人はかなりいると思います。念願のマイホームを建てた人は保険は当然だと思えるでしょう。また、年数を経た家であっても地震が来て命さえ助かればいい。新しい家は保険で建ててくれるとちゃっかり組の考えの人もいらっしゃるかと(笑)。

しかしことはそう簡単ではありません。なぜなら地震保険に入っていてもその保障が出ない可能性があるからなんです。

例えば超巨大地震により、あなたの家が壊滅状態になったとします。お隣もそのお隣も同じ。というか、関東全域が阪神神戸大震災規模級の大地震に見舞われたとします。すると、なんということでしょう。「保険が出ません」となるのです。これ、嘘のようなホントの話阪神大震災がギリッギリの限度であったそうです。つまり人口も軒数も多い関東では限度額を越えちゃってるので出ないのですよ。

その条項が契約書に書かれているにも関わらず、保険代理人はそれには触れないことが多く、国も明言していません。僕はこの話を友人から聞いたのですが、それを保険屋さんに聞いたところ、「本当なんですう」と返答されて驚きました。

<何のための保険だー!>と国民は怒りをあらわにするでしょうね。恐らくその時の政権政党にはなりたくないとどこの党派も思ってるに違いありませんわ。自分の身は自分で守る。これは仕方がない。しかし最後の後ろ盾である保険という制度がこれほど脆弱なものであると、どうしていいものか途方に暮れてしまいそうです。

僕はそこに人の輪とか助け合いという古めかしいけど、そういった心のパイプが一番重要だと思っています。自分が被害者になっても助けてくれる、逆に困っている人がいたら助けたい。それは人間にもある動物的な本能であると思えます。今日書いたことはいつか現実になるような気がします。

さて、今日の曲は「一人の手」。僕が学生時代大好きだったタイプの女性、本田路津子さん。今は教会で賛美歌を歌ってるという情報も聞きます。確か、同じ清純派でやっぱり同じ頃出ていた「異邦人」の久保田早紀さんも現在は賛美歌を歌ってるようですね。キリスト教徒ではない僕ですが、なんとなくわかる。

一人の手 本田路津子
一人の手 -本田路津子-

この曲は以前もここに載せてもらったことがあるかもしれませんが僕の中の昭和歌謡ではナンバー1かも。

久保田早紀 ♪ 異邦人/19800228
異邦人 -久保田早紀-

『世の中の多くの人が知らないこと』へのコメント

  1. 名前:遊び人の衆さん 投稿日:2024/03/01(金) 20:04:17 ID:66c4f7467 返信

    関東大震災の時、その前に千葉県東方沖で大きな地震があり、成東あたりが壊滅的打撃を受けていた。千葉にそろそろ大きな地震が来る前兆かもしれない。しいては関東大震災が起こる前兆かもしれないので要注意だ。
    稲太郎はカノジョに手編みのセーターを貰えなかったことがトラウマになるほど悔いているが、災害を前にしてそんなことでくよくよしていても始まらないぞ。

  2. 名前:管理人 投稿日:2024/03/08(金) 06:52:06 ID:becade528 返信

    関係あっかー!バカモノめ!

  3. 名前:遊び人の衆さん 投稿日:2024/03/12(火) 20:30:31 ID:dc5474770 返信

    手編みのセーターが欲しかったのに誰からも貰えなかったことがトラウマになっているのは確かである。

PAGE TOP