懐かしい言葉

「お早うございます」

これが懐かしい言葉なのです。 

と言っても、『なんで?』でしょうね。それを解説するにはこの言葉をいつどこで聞いたかが肝心です。結論から言えば、喫茶店で午後5時にでした。ここまで言えば(はは〜ん、そういうわけか)と分かった人も沢山いるかと思います。 

40年も昔、僕は稲毛の駅ビルで某食料品店の店長をしてました。その時学生服を着た女の子が、学校の帰りにバイトに入ることがよくあったのです。その時の挨拶は朝であろうと夜であろうと「お早うございます」。不文律になってるのか、どうしてそうなったかは知りません。どこのお店でもそう言ってましたね。

その時、(ああ、今でもそうなんだ)と何だか懐かしいような嬉しいような・・・・。 

毎日心落ち着かない日々の中で、他愛もないことに心洗われた一瞬でした。  

さて、今夜の曲。 ドゥービーは掛けたことがなかったような。あっても掛けちゃいますね。ロング・トレイン・ランです。

Long Train Runnin'
Long Train Runnin’ -The Doobie Brothers-

『懐かしい言葉』へのコメント

  1. 名前:遊び人の衆さん 投稿日:2024/06/13(木) 13:27:14 ID:78a45a60c 返信

    夜の仕事も「おはようございます」から始まる。ようするに始業の挨拶だからな。通常は朝から仕事が始まるから、朝の挨拶と思っているだろう。夜の仕事をする者からみれば、少し世の中を斜に見た挨拶なのかもしれないが。芸能界でも似たり寄ったりだな。

PAGE TOP